群発頭痛は手術しない方がいい~ただ、対処するにも治療費が高すぎる

質問:簡易酸素吸入で頭痛をしのいでいますが、治療費が高すぎます。

かなり強烈な片頭痛だと思っていたのは20代のころです。

鎮痛薬を飲んでもあまり効かないけれど、それほど頻繁におこるわけではないので、我慢していました。

それが出産後、毎年1ヵ月間、ほば毎日頭痛が続くようになったのです。

その間は家事も育児もできないので、実家の母に来てもらって、ほとんど寝ている状態です。

その期間が通り過ぎると、元気になり、頭痛は忘れてしまいます。

知り合いの人から群発頭痛の話を聞いて頭痛外来に行きました。

私の場合もやはりそれで、副腎皮質ホルモン剤を飲み始めました。

これを飲んでいるとまったく頭痛はおこりません。

しかし、だんだん顔がむくんできて、それがホルモン剤の副作用だと知りこわくなりました。

頭痛がひどいときに酸素吸入をすると治まるので、簡易酸素吸入を使用しています。

でもとても高いもので、この先もこんな調子が続くのかと思うと気持ちが重くなります。

手術も考えているのですが、どうすればいいのでしょうか。(32歳 女性)

群発頭痛発作には、医療用の純酸素の吸入が有効です

手術では三叉神経という脳の神経を壊すことで治る可能性はあります。

ですが、三叉神経を壊すと顔に何かが触れても感じなくなったり、温度を感知する事が出来なくなってしまうのでおすすめ出来ません。

群発頭痛の発作時の対処法として、医療用の純酸素の吸入が有効です。

スポーツやリフレッシュ用に市販されている酸素スプレーは濃度が低く効果はありません。

専門業者に依頼して、自宅に酸素ボンベか、酸素濃縮機をおいて吸入することができますが、保険が適用されないので自費での治療になります。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)は、群発頭痛の予防に有効ですが、長期連用すると、ムーツフェース(満月様顔貌)といって顔が丸くむくんできたり、糖尿病や高血圧が出てきます。

ワソランやデパケンを併用して、ステロイドの使用期間は2週程度、長くても3週以内にとどめるようにします。

他の予防薬や、イミグランの自己注射などの使用も検討したほうがよいでしょう。

一度、頭痛専門医と相談されることをおすすめします。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ