群発頭痛いつ治るの?そもそも完治するの?

質問:群発頭痛は治らないのでしようか?

高校生くらいのころ、右目の奥がキリで刺されたように痛み、病院で検査を受けました。

CTでも異常はなく、鎮痛薬を処方されました。

その後は年に数回、我慢できないほどの頭痛に悩まされましたが、鎮痛薬を飲んでじっと我慢して寝ていれば自然に治まっていました。

20歳のころから毎年春から夏にかけて何度も何度も激しい頭痛がおこるようになりました。

その痛みは決まって右目の奥から始まり、充血して涙が止まりません。

長くて1時間ほどで治るのですが、その季節だけは何度も何度もおこります。

就職も決まったので、社会人になる前にきちんと原因を調べてもらおうと頭痛外来を受診したところ、群発頭痛と診断されました。

今は予防薬を飲んでいて、群発頭痛が始まると内服薬を飲みます。

点鼻薬を使い始めたら、痛みが早く治まるようになりずいぶんラクになりましたが、完治することはないのでしょうか。(26歳 男性)

 

完治よりも群発期にラクにしのげるように治療することがベストです

 

群発頭痛を完治させる方法はいまだに見つかっていません。

ただ、群発頭痛は我慢できないほどの激しい痛みが続きますので、専門的な治療が必要です。

正確に診断をして、頭痛のおこり方や程度などを把握すれば十分対処できます。

通常の鎮痛薬は効きませんから、イミグランの自己注射や点鼻液など有効な治療法を受けてください。

数週間から数力月で群発期が終われば、しばらくは頭痛がない時期が続き、年に1回、あるいは数年に1回くらいでまた、頭痛が群発する時期がやってきます。

年齢とともに群発期が減ってくる方もいらっしゃいますが、個人差があります。

現在のところ、ある処置や治療をすれば一生群発頭痛がおこらなくなるというような方法はありません。

群発期に入ったときに、なるべくラクにしのげるように治療をするというのが現実的な方法で、現在はこれがベストです。
具体的な治療法は頭痛外来でよく相談して決めてください。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ