慢性頭痛の病名は?種類によっては病気のサインかも

慢性頭痛のほとんどの病名は「緊張型頭痛」です。

頭痛と一目にいっても、痛み方や伴う症状、痛む部位、痛みの時間経過によってさまざまなタイプがあります。

頭痛は脳出血や脳腫瘍などの重大な病気のサインともなるため、頭痛かおるとだれもが不安を感じます。

とくに慢性的な頭痛に悩む人はこの傾向が強く、さまざまな妄想をかき立て、過剰な心配をしがちです。

ところが、実際、慢性的に続く頭痛の多くは、牛死にかかかるほどの脳の病気が原因であることはごく少数です。

また、頭痛が痴呆などの原因になることはありません。

必要以上にに頭痛に対して不女を抱くことによって、痛みのレベルを実際よりももさらにひどくしてしまうこともあるのです。

慢性頭痛の病名はにタイプに分けられる

頭痛は、機能性頭痛と症候性頭痛に大きく分けられます。機能性頭痛は一次性頭痛、非器質性頭痛とも呼ばれ、頭痛以外にほかの症状を伴わない頭痛(ときとしてめまいや吐き気といった不快症状を伴う場合もある)で、すべての頭痛の九割を占めています。

日常的に感じる頭痛のほとんどは、脳に何も異常がみられない機能性頭痛で、これには緊張型頭痛や片頭痛、群発頭痛が含まれます。

とくに若い女性の頭痛は緊張型頭痛である場合がほとんどで、ストレスや肩こり、疲れ目などが引き金となって起こります。

また、慢性的な頭痛の代表である片頭痛は、痛みが起こる前に目がかすんだり、吐き気を催したり、なんらかの前兆があるのが特徴です。

これらの機能性頭痛は、脳にまったく異常のない頭痛なので、あまり心配のない頭痛だといえます。

群発頭痛は、飲酒後や就寝中に起こり、目の奥をえぐり取られるような激痛が15分~2時間続くのが特徴で、女性よりも中年の男性によくみられます。

これに対して、脳の障害などが原因の頭痛を症候性頭痛といいます。二次性頭痛、器質性頭痛とも呼ばれ、頭痛のほかに意識障害やマヒ、発熱などの症状を伴います。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ