お風呂に入ると緊張型頭痛は治る~ズキズキが和らぐ

緊張型頭痛では、入浴などで体を温め、血液循環をよくすることで、痛みを軽減することができます。

また、肩こり対策には運動不足を解消したり、肩の筋肉をつけることも有効です。

肩こりによいとされる水泳やダンベル体操、散歩などの適度な運動を生活に取り入れることも緊張型頭痛の予防と解消には必要です。

入浴は緊張型頭痛の緩和に有効です。

全身を肩まで熱い湯につかるよりも、肩こりをやわらげるにはみぞおちから下だけを三八度程度のぬるま湯に20分程度つかる「半身浴」や、腰から下だけをつかる「腰浴」、また40度ぐらいの少し熱めの湯に足首までをつける「足浴」などが有効です。

さらに、蒸しタオルなどを後頭部や首すじに当てるホットパックなども、緊張型頭痛による痛みをやわらげます。

さらに、使い捨てカイロや蒸しタオルで背中の肩甲骨の下あたりを温めると、肩から首すじにかけてのこわばりを解消することができます。

首や肩は蒸しタオルで温める

こりや緊張が起こりやすいのは、後頭部から首筋にある肩甲挙筋と、背骨を中心に逆三角形になってるそうほう筋です。

そこを温めると痛みは和らぎます。

保温効果の高い入浴剤を使う

温熱効果を期待するのなら、さら湯のよりも入浴剤を使った方がいいです。

たとえば、炭酸ガスが発生するタイプでは毛細血管の拡張を促す効果があって、血行を良くします。

お湯はぬるめがいいです。

ゆっくりとお湯につかって温めるためには、お湯の温度は40℃以下のぬるめの湯の方が効果的です。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ