アロマオイルが肩こり頭痛に効く!和らげる効果がある

 リラックス効果をもたらすアロマセラピーで、肩こりや頭痛を解消することができます。

 アロマセラピーとは、芳香植物のエキスを抽出したエッセンシャルオイル(精油)を用いた植物療法で、ヨーロッパの一部の国では医療行為として認められ、最近では日本でも代替医療 (現代医療の補助療法)として注目されている治療法です。

 アロマセラピーを実際に行う場合、精油をティッシュペーパーなどに垂らして香りをかいだり、熱湯に垂らして部屋を芳香させたり、アロマバスとして入浴に用いたり、マッサージオイルとして塗布やマッサージに用いたりと、さまざまな方法があります。

また、ハーブティーを利用するのも有効です。

 アロマセラピーは血行を促進し、筋肉の緊張をやわらげる効果にすぐれています。

この場合、筋肉の緊張をほぐすスパイクラベンダーや血行促進効果のあるペパーミント、痛みをやわらげるバジルなどを利用し二肩や首の疲労を感じる部分をマッサージしましょう。

 マッサージオイルは、バジル四滴、ペパーミントニ滴、スパイクラペンダーニ滴を10mlづづのホホバオイルなどのキャリアオイル(精油を希釈して皮膚刺激を抑えるオイル)で薄めて作ります。

これを一回分として、肩や首を軽くマッサージします。

お風呂あがりなどに行うとよりいっそう効果的です。

精油は皮膚刺激がありますので、マッサージに用いる場合は必ずキャリアオイルで希釈してください。

また、原液が皮膚や粘膜に触れないよう扱いにはじゅうぶん垂立してください。

 また、精油をおふろのお湯に垂らしてアロマバスを行うと、入浴の効果をさらに高めます。

リラックス効果の高いスイートオレンジコ渦、ラベンダ上一滴を浴そうに入れ、よくかき混ぜて入浴します。

この場合、ホホバオイルブせて乳化してから浴そうに入れると、溶けやすくなります。

そのほか、精油を用いた市販の入浴剤を利用すれば手軽にアロマバスができます。

 外出先では精油の吸入が便利です。ペパーミントやスイートオレンジを、一~二滴ティッシュペーパーなどに垂らして吸入すると、痛みによるイライラや疲れが取れてリフレッシュすることができます。

精油のボトルを携帯すれば、急に頭痛が起こったときでも千っ取り早く気分転換ができるでしょう。

頭痛に効くよくアロマセラピーのやり方まとめ

①バジル4滴、ペパーミント2滴、スパイクラペンダー2滴を10mlのキャリアオイルで薄めてマッサージオイルを作る

②マッサージオイルで、肩から首すじにかけて、疲労を感じる部分を軽くマッサージする。

おふろあがりに行うとリラックス効果がさらに高まり、頭痛や肩こりが解消できる

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ