片頭痛持ちは遺伝するの?

片頭痛は遺伝性の頭痛です。
海外の統計では、平均的に母親に片頭痛がある子どもの約7割、父親では約3割が発症するとされています。
両方の親に片頭痛がある場合、子供の出現率は9割になると言われています。

また、両親に片頭痛が無かったとしてもお爺さんやお婆さんん、兄弟など身内の誰かしらが片頭痛を持っていたりします。

こんな風に先祖返りしてしまう事もありますので
あのズキズキは遺伝子に刻まれたものだったわけです。
ただ特殊な片頭痛以外には、確実な原因遺伝子はまだ見つかっていません。

片頭痛持ちの”体質”

例えば、本当に完全に遺伝性であれば、遺伝子が同じである一卵性双生児は一方が片頭痛持ちである場合、もう一方も片頭痛持ちなはずです。
でも実際は二人の内、片方にしか発症しないことがあります。
これは、遺伝子だけが片頭痛の発症に関係しているわけではない証拠です。

遺伝子が関係しているのは確実ですが、生まれた後の環境によって発症するかどうかが決められるんじゃないかと今は考えられています。
つまり、体質的には片頭痛もちでありながら、普段は発症しないまま過ごしている人がいるわけです。
そういう人が、何かしらの精神的・肉体的なストレスで突然発症してしまう事があります。

交通事故を起こして、片頭痛が出てくるようになったと言う人は沢山います。
こんな場合には、交通事故そのものが原因ではなくて、それを一つのきっかけにし片頭痛が出やすい体質になってしまった事になります。
精神的・社会的・経済的なストレスによって、その人が本来持っている体質が目覚めてしまうことがあるわけです。

両親の頭痛が酷ければそれも遺伝するの?

母親が重度の片頭痛持ちなら、子供もそうなのかと言われると必ずしもそうではありません。
逆に本人が酷い頭痛持ちでも、母親は程度が軽かったりと痛みの回数や強さは個人個人でまばらです。

親が本当は頭痛があっても、軽ければ気付かないこともあります。
お父さんが片頭痛の場合は、頭痛があることを家族に内緒にしている事もあります。

だから、本当の遺伝率は統計よりももっと高いのかもしれません。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ