【芳香浴】頭痛に効くアロマの香りとは?

植物の香りが酷い頭の痛みを和らげてくれることがあります。

頭痛に効くとされている香りは「青りんご」と「ラベンダー」「ナツシロギク」です。

紅茶の香りをかいだ時に、なんとなくスッキリとした気分になりますね。

植物の芳香が心とからだの両方に働きかける対応の治療法ですが、アロマは芳香、テラピーは療法です。

アロマテラピーとは、植物の芳香を用いた健康法を意味します。

花や葉、果物の皮や樹皮などに含まれる芳香物質を抽出した「精油エッセンシヤルオイル」には、からだに有効な成分が含まれ、その香りとともに、心とからだの両方に働きかけるとされています。

精油にはさまざまな種類があり、それぞれの症状や目的に合わせて使い分けます。

アロマテラピーは、アロマポットを使って香りを漂わせる芳香浴のほか、浴槽の中に数滴落として入浴したり、薄めてマッサージに使与方法などがあります。

香りの選び方やアロマテラピーの方法は、精油を取り扱っている店で教えてもらいましょう。

香りは強過ぎずほのかに香る程度が適切

青りんごの香びが片頭痛を緩和すると、米国頭痛学会で報告されています。

ローマンカモミールはりんごに似な脊―でリラックス効果があるといわれます。

ラベンダーは緊張をほぐし、欧米ではナツシロギクが片頭痛に有効とされています。

アロマは強過ぎると、かえって逆効果です。

ほのかに香る程度が適切です。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ