トリプタンが効かない時には…切り替えて使い分けよう!

トリプタンの効果が不十分な場合というのは、以下の場合が考えられます。

トリフタンを使用じて、頭痛に対する効果はあるが十分ではない時トリプタンの経口剤を使用して、頭痛発作は軽快したが、頭痛がまだ残るといった場合には、2時間あけてもう1錠服用することが可能です。

 

このような患者では次の片頭痛発作の時には、いきなり2錠服用することも可能(リザトリプタン(マクサルト)は1回1錠)であり、1日の最大使用量の範囲内で十分な量を服用させることが可能です。

各薬剤により異なり、スマトリプタン(イミグラン)とソルミトリプタン(ソーミッグ)は4錠/日、エレトリプタン(レルパックス)とリザトリプタンは2錠/日〕。

 

このように発作の程度により服用量が変えられる点は重要であり、この点を患者に説明しておくと発作の程度により適宜服用量を変えるようになります。

患者もその後の追加投与が可能であることを知り、安心して服薬できることが多いです。

 

また、スマトリプタンの皮下注と点鼻剤は、1日2回の使用が可能であり、皮下注は1時間、点鼻剤は2時間ほどあけて使用が可能です。

トリプタンが全然効かない時どうすればいいの?

トリプタンを服用させた時に、最初の1錠で全く症状の改善が認められない場合には増量によっても効果が期待できないので、他のトリプタンに変更すべきです。

現在本邦で使用可能なトリプタンは4剤あるが、どのような基準で選択するかについては、明らかな基準はありません。

 

現病歴で副作用の出現や使用した時の反応などを勘案して決めざるを得なかったりします。

また、ごく少数であるが、トリプタンに反応しない片頭痛患者(ノンレスポンダー)が存在するので、この時は予防療法とNSAIDsの使用で治療を進めます。

 

また、日常意外に多いのは片頭痛と緊張型頭痛の合併例であり、しかも患者自身がどのタイプの頭痛か区別できない場合も多く、この場合には十分な問診と経過観察により適宜トリプタンとNSAIDsを使い分けるように指導します。

 

なお、トリプタンが効いたから片頭痛で、効かなかったら片頭痛でないというような誤解をしないことも重要です。

トリプタンを使用して頭痛に対する効果はあるが、随伴症状に対する効果が不十分な時

トリプタンは、悪心・嘔吐や光過敏、音過敏などの随伴症状に対しても有効性が認められており、多くは効果を示します。

しかし、随伴症状のうちで最も問題となるのが、悪心・嘔吐です。

 

これらの症状が強い時には、通常の経口剤を服用しても嘔吐して効果が発揮されないことが多いです。

したがって、このような場合はまず皮下注か点鼻剤を試みるといいでしょう。

来院できない場合には、点鼻剤が使用しやすいからです。

 

しかし、このような剤型のあるトリプタンが無効の場合には、制吐薬(ドパミン措抗薬)の併用を行ってください。

一般的にはトリプタンと同時に服用させるが、予兆がある場合や発作の進展様式を把握している患者においては、適宜ドパミン措抗薬とトリプタンの服用のタイミングを変えてもよいでしょう。

 

また、光過敏や音過敏に対しては、ジアゼパム(セルシン)やエチソラム(デパス)などの抗不安薬が有効なこともあるので、強く症状を訴える時には使ってみてください。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ