ロキソニンが効かない!群発頭痛持ちはどうすればいいの?

群発頭痛の治療法は、発作時の痛みを改善する頓挫的治療と、発作そのものを起こりにくくする予防的治療の二種類があります。

一度頭痛が起きてしまった場合には、トリプタンがかなり効果的です。

100%純度の酸素吸引でも改善させきれます。

その辺のホームセンターで売っている酸素ボンベでは全く効果はないのでご注意を。

① スマトリプタン(注射薬)

すぐれた血管収縮作用をもつスマトリプタンは、群発頭痛にもよく効きます。

この薬は世界各国で群発頭痛の発作時の第一選択の薬として使われていますが、日本でも、投与後一五分で53%の人が、また六〇分で82%の人の頭痛が消えたという好成績が報告されています。

しかし、残念ながら日本では自己注射が認められていないので、病院に行って注射を受けなければなりません。

このため、点鼻薬や錠剤など、自分で用いることのできるトリプタン系薬剤の認可が待たれるところですが、効果発現までの時間が長いのが欠点で、注射に勝るものはありません。

しかし、片頭痛のところでも指摘したように、この薬は虚血性心疾患や末梢血管障害のある人には使えません。

② 酸素吸入

群発頭痛の発作時の痛みには酸素の吸入も有効です。

ただし、100%濃度の酸素を一五~二〇分吸引しなければならないため、薬局やスポーツ店などで販売している携帯用酸素ボンベでは効果

はありません。

100%濃度の酸素ボンベは業者からのレンタルとなりますが、発作が頻繁だったり、痛みが強烈で薬剤によって抑えられないような場合には、医師に相談するとよいでしょう。

ただし、医療保険の適用外なので、すべて自費となります。

酸素吸入はスマトリプタンとの併用で、さらに効果が上がります。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ