偏頭痛のメカニズム!原因は遺伝?食べ物?ストレス?疲れも?

偏頭痛になる人のパターンは大体決まってます。

吐き気や嘔吐など不快な症状を伴う拍動性の頭痛

慢性頭痛のうち、緊張型頭痛に次いで多いのが片頭痛で、わが国の成人人目の約8%の人がこの頭痛に悩まされているといわれています。

二〇~四〇歳代の比較的若い年齢層に多くみられ、女性に多い(男性の四倍)頭痛です。

片頭痛は、頭の片側もしくは両側が発作的にズキズキと脈打つように痛む頭痛で、一度痛み出すと、治療を受けない場合には四時間から、長ければ七二時間程度まで続くことがあります。

さらに、少ない人で月にI~二度から、多い人では週に一度程度の間隔で繰り返し起こるという特徴があります。

片頭痛は、痛みとともに吐き気、嘔吐といった不快な症状を伴うことが多く、体を動かすなど、頭の位置を変えると痛みが悪化します。

また、光や音に過敏になり、大きな音や強い光によって症状が悪化するため、頭痛の最中には暗い部屋に一人でじっとしていることを好む傾向があります。

痛みの程度は強く、日常生活に支障をきたして

しまう人も少なくありませんが、痛みが治まると次の発作まではまったく症状があらわれません。

諸説がある片頭痛の原因

片頭痛が引き起こされるメカニズムには諸説がありますが、最も代表的なものが「血管拡張説」です。

これは、脳内の血管に何らかの原因でセロトニンという物質が放出され、その後セロトニンが排泄されると、その反動で血管が拡張し、血管からしみ出た血液成分が無菌性の炎症を引き起こすために頭痛が起こる、というものです。

このほかにも、脳内に神経活動の興奮と抑制の波が起こり、その波が広がって血管に達すると頭痛が起こると考える「神経説」、脳内の三叉神経(痛みを感知するセンサ士が刺激され、炎症を引き起こす物質が放出されるために、脳内の血管が炎症を起こし、それを三叉神経が痛みとして感知

するために頭痛が起こると考える「三叉神経血管説」などが有力視されています。

どの説も一長一短があり、最近では単一の原因ではなく、いくつかの要因が複雑に組み合わさって引き起こされるのではないかと考えられるようになっています。

片頭痛は遺伝的要素の強い頭痛

片頭痛は遺伝的要素の強い頭痛で、とくに母親の影響を受けやすいとされています。

北里大学の調べによると、片頭痛のある人の場合、母親を含めて家族に頭痛もちのいる人は四割を超えています。

ストレスがなくなり、ホツとしたときに起こりやすい

ストレスは片頭痛の最大の誘因になります。

しかし、片頭痛の場合には、ストレスがかかっている最中よりも、ストレスの原因が取り除かれ、ホ。

としたときに起こりやすいという特徴があります。

これはストレスによって収縮していた血管が、拡張するためといわれています。

同じ理由から、寝不足、寝過ぎはどちらも誘因になりますが、寝過ぎた後のほうが、より片頭痛をまねきやすいといえます。

週末になると片頭痛を訴える人が多いのはこのためです。

几帳面で完璧主義の人に多い

片頭痛に悩む人には、几帳面で完璧主義の人が多いといわれます。

また、他人に対して気を遣いやすく、環境に適応しようと頑張りすぎてストレスをため込んでしまう傾向があるようです。

女性ホルモンと密接な関わりがある

女性に多いことからもわかるように、片頭痛は女性ホルモンと関わりの深い頭痛です。

月経前に片頭痛が起こるという女性はとても多く、月経中や月経後に起こりやすいという人も少なくありません。

これは女性ホルモンが血液を介して運ばれており、血管にも作用するからです。

女性ホルモンの変動の大きい月経を挟んだ時期(とくに月経前)に片頭痛を起こす女性が多いのもそのためです。

また妊娠中・後期には症状が軽減し、出産後にはもとに戻ってしまうのも、女性ホルモンの影響によるものです。

注意が必要なのは、片頭痛の女性が、経口避妊薬のピルを服用したり、更年期障害などの治療でホルモン補充療法を受けると、片頭痛を悪化させることがあるということです。

女性の場合、女性ホルモンの分泌が減って変動が少なくなる閉経を境に、片頭痛の症状が改善することが少なくありませんが、何らかの理由でホルモン補充療法を開始したことによって、再び症状が悪化してしまう

ことがあります。

チョコレートやチーズなどが頭痛を誘発することも

飲酒は血管を拡張する作用があるので、片頭痛を起こしやすいとされます。

さらに、特定の食べ物が痛みを引き起こす誘因になることもあると考えられています。

チョコレート、チーズ、赤ワインなどは比較的よく知られていますが、このほかに、ナ。

ツ、柑橘類、(ムーソーセージなどの防腐剤に使われる亜硝酸塩、グルタミン酸ナトリウム(中華料理で使われる調味料)なども片頭痛と関わりが深いと考えられています。

しかし、こうした飲食物と片頭痛の関係は、日本人の場合、欧米人ほど密接ではないと考えられています。

空腹、環境的要因も片頭痛をまねく

また、空腹も片頭痛の誘因の一つです。

忙しさに紛れて食事を抜いたり、食事の時間が遅れるなどすると、低血糖になり、頭痛が起こりやすくなります。

また、まぶしい光や人混み、強烈な匂い、騒音、さらに暑さ・寒さなど、環境的要因が引き金となって片頭痛が起こることがあります。

花粉症の人では花粉の飛散する時期に頭痛発作が起こりやすくなります。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ