頭痛が理解されない理由とは?分かってもらえないんだが…

基本的に、頭痛は周りの人に理解されません。

最近の医学の進歩にもかかわらず、多くの頭痛患者は、じっとその苦しみに耐えています。

 

なぜでしょうか?

それは何をしても頭痛は治らないと信じているためです。

 

また一般薬や処方せんによる痛み止めを多量に服用したり、たくさんのカフェインを摂取しすぎて、知らないうちに頭痛を悪化させている患者もいます。

決められた方法で行なうリラクゼーション法やそのほかのストレス解消法、そして運動など、薬物以外の治療法を知らない患者もいるのです。

 

薬によって苦痛のない人生が送れるかもしれないのに、薬物療法を求めない人もいます。

と、言うより医者も治療法を知らない

医師の診察を受ける患者の多くはすぐに落胆することになります。

ときには最新の治療法を知らない医師もいます。

 

しかし、医師が適切な助言をしても、患者の方は新奇な申し出のように聞こえて疑ってしまう場合もあります。

妙な治療方法が乱立するカオス状態

医師は試行錯誤を繰り返し、確実で妥当な治療法を得ようと努めているのですが、患者はその理由もわからずに困惑するのでしょう。

それでも、処方薬の服用を始めても、すぐに飲まなくなってしまう患者もいますし、薬が効かない、または耐えられない副作用が現れても、医師に話さない患者もいるのです。

 

頭痛患者のなかには、薬を毎日、規則的に服用する生活を煩わしいと考えて、全然飲まなかったり、指示通り服用しない患者もいます。

リラクゼーションや食事、運動など、薬以外の自然なアプローチ法のいくつかは、リラクゼーションや食事、運動など、ある程度頭痛を予防することができます。

 

しかし、ライフスタイルを変える必要があるのにそうしないために、またその頭痛を抑えるには薬が必要にもかかわらず薬を服用しないために、今なお多くの人々が不必要な頭痛に苦しんでいるのです。

(注:医師の書いた処方せんにより調剤してもらう薬を「処方薬」といい、処方せんなしで薬局で購入できる薬を「一般薬」と呼びます。)

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ