【やり方】深呼吸ってどれくらい頭痛に効果があるの?

たとえば美しい庭にいる自分を想像し、気持ちが和らぐ、リラックスすると感じるような楽しいイメージを心に描く方法です。

また、身体的変化が起きていると心に描くこともあります。

 

魔法の杖が膨張して痛みのある血管をなでると、その血管は収縮するのだと想像します。

この方法は、一時的に痛みから注意をそらすよりも有効であると多くの研究で認められています。

 

変化を生みだす楽しい光景や魔法の杖に注意が集中すると、実際に静かな光景に接するときに活性化されるのと同じ脳の部分が実際に刺激され、軽度から中等度の痛みを和らげる生理的変化が生じます。

具体例をあげてみましょう

できるだけ楽な姿勢で、目を閉じます。

あなたはいま熱帯地方の海にいます。

 

そして暖かく、穏やかなそよ風が通り抜けていきます。

水晶のように透明なトルコ石色の海に、あなたはいかだに乗って夢うつつに浮いていると心に描きます。

いかだは静かにゆらゆらゆれ、あなたは太陽をあびて暖かくなっています。

 

あなたの指先も、腕も、つま先も、足も、太陽を浴びて暖かくなっていると想像します。

そして頭痛のある頭も痛みを癒す陽光をいつぱいに浴びています。

落ち着いて、想像することが肝心

ゆらゆら揺れています。

そしてできるだけフワフワした感じを想像します。

ゆっくりと深く呼吸します。

 

まもなく、あなたはしだいに高く高く、大きな、美しい雲のふ』ころまで浮いてきます。

落ち着き、暖かさ、平安だけを想像します。

その他にもパチパチする暖炉、涼しそうな広々とした芝生などを心に描きます。

 

弛緩だけではなく、直接痛む部分に意識を集中して同じような練習をすることもできます。

ゆっくりと、深く、静かに呼吸をします。

心のなかで、魔法の杖を頭にかざし、癒しのエネルギーを浴ぴると想像します。

息を吸うと、暖かいやさしさと癒しのエネルギーがもたらされます。

 

できるだけ長く息を吸い込みます。

その間に頭部の痛む血管がキューツと押しつぷされると想像します。

次に血液が、この押しつけられるすべての場所、頭から指先まで流れていると想像します。

 

息を吐くとき、痛み、緊張、毒が息とともに吐きだされると想像します。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ