歯の噛み合わせで頭痛がする時は☓神経内科→○歯科

むし歯(鯖歯)、歯髄炎、歯根膜炎などで歯の痛みがあるときに、同時に頭痛を認めることはよくあることです。

逆に、肩がこり、頭が痛いときに歯が浮くとか、歯が疼くという場合もあります。

最近、歯の病気と頭痛との関係が強調されているようです。

先だってもこんなことがありました。

神経内科で、筋収縮性頭痛の診断のもとに治療していた患者さんがいました。

ところが、この患者さんは歯も悪いため歯科へ紹介してほしいというので、歯科宛に紹介状を書きました。

その後、歯科で診察を受けた結果、歯科から治療方針の連絡がありました。

それには、神経内科で筋収縮性頭痛の治療をされているとのことですが、歯科の方の治療で頭痛もよくなることが期待されますので、歯科治療中は神経内科の薬を中止していただきたいのですがよろしいでしょうか、というのです。

歯科の話では、単なるむし歯ではなく、歯を強く咬みすぎているために痛みが起こるもので、咬合症というのだそうです。

咬合症というのは歯だけの問題でなく、顎関節も関係があるのだそうです。

そういえば最近、歯科・口腔外科という言い方をきくことがありますが、顎関節も関係する場合は、歯科というより口腔外科といった方が妥当なのかも知れません。

首すじがはり、頭痛もある人で、側頬部痛が現われたとき、咬筋や側頭筋に圧痛があれば、咬合異常が疑われ、歯科・口腔外科の診察・治療をうけると、頭痛もよくなることがあるというのです。

そのほかに、頭痛持ちの人で、頭痛のひどいときに歯が痛くなる傾向があるということもあります。

筋収縮性頭痛の人では、咬筋も緊張が強く、なかには激しい歯ぎしりのために歯がすりへり、神経が刺激されて歯が痛むこともあるようです。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ