頭痛が毎日続く原因は何?

片頭痛は発作性の頭痛と言われ、時々現れるのが特徴です。
頭痛の回数は個人差がかなり大きく、年に2~3回くらいの人もいますし、週に2~3回来るというタイプの人もいます。
中にはいったん頭痛が出ると、2~3日発作を繰り返す人もいます。

こんな風に、何日も繰り返すタイプの片頭痛を、周期性偏頭痛と言います。
こういった周期性偏頭痛と、時々思い出したかのように現れる普通の片頭痛はどう違うかはまだ医学的に解明されていません。

ただ、女性の場合は生理の時にこの手の発作を起こしやすい事が分かっています。
生理が誘因として作用してその期間中は頭痛が出やすくなっているわけです。

生理以外でも風邪を引いた時か、忙しい仕事から開放された時などは、発熱や緊張が緩む事によって血管が押し広げられますので頭痛が現れやすくなります。

周期性頭痛が、今言ったような体の外の環境の変化で引き起こされるものなのか、
それともそういう人は元々そういう体質なのかどうかはまだ分かっていません。
でも安心して下さい。治療は普通の片頭痛と全く同じです。
頭痛が来る前に予防薬を飲むか、痛み出したら鎮痛薬を使うだけです。

50歳を過ぎてくると、慢性連日型頭痛と言って毎日頭痛が続くようになる場合もあります。
そうなってきたら「段々痛みが長引いていくんじゃ…」と心配される方もいますが、年ごとに段々発作の繰り返しの日数が長くなっていくような事はありません。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ