【原因不明】産後に片頭痛が無くなるのは何故??

片頭痛の女性の八割近くは、妊娠中に頭痛が全く出ないか、でたとしてもかなり軽くて済むという不思議な事実があります。

この理由については、ホルモン(エストロゲン)の変化が関係するという説が一番有力ですが、
それだけで全てを説明しきれないので、詳しいことはまだよく分かっていません。
ですが、ホルモンバランスの変化が関係しているのは確実です。
頭痛が出たり消えたりして「あれ?変だな」と自分の体の変化に気づいて、妊娠した事に気づく人もいるくらいです。

妊娠中でも初期のうちは頭痛がでる人もいます。
でも、出たとしても大半は軽くて済みますし、妊娠の中期や後半にかけては段々安定していきます。

出産後は…

一方、産後になると、今まで消えていた頭痛が吹き出すように強く、回数も多く出るようになる人は少なくありません。

そういう場合は、大体の人は産後の肥立ちが悪いと思いがちですがそうではありません。
片頭痛が頻発しているのです。

産後は片頭痛が出やすい時期です。
今まで片頭痛が無かった人が、出産した後に初めて頭痛が現れる人もいます。

妊娠中、逆に頭痛が強まる事も!

ごく一部に、妊娠中にかえって頭痛が強まる人がいます。
海外の医学統計では、一割くらいの人がそうなるというデータが出ていますが、日本人の場合は頭痛が強まるタイプの人は少ないようです。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ