市販の頭痛薬の選び方

頭痛持ちの約半数の人がお世話になっているのが、市販の鎮痛薬です。
ところで、自分が飲んでいる鎮痛薬の事をきちんと理解していますでしょうか?
「いまいち効き目が悪い」という人はその薬で本当に大丈夫でしょうか?

実は、市販薬には「正攻法」な選び方がありますのでそれを紹介します。

効く市販薬がみつかればOK!

頭痛との付き合い方で重要なのは、頭痛によって寝込んだり、仕事や日常生活になるべく支障が無いようにする事です。
市販薬を飲むのもその一環です。

よく、市販薬で痛みを誤魔化すのは良くないと思っている人がいます。
確かに、いつもと違う頭痛や他の病気が疑われる時は病院で診てもらう事が必要です。

でも、慢性的ないつのも頭痛で、市販薬で痛みを抑えてコントロール出来るのであればそれで十分です。
ただ、どの薬が自分に合っているのかを見極める事が重要です。

市販薬の成分は3タイプある

非ピリン系

もっともポピュラーな鎮痛薬。アセトアミノフェン・アスピリン・エテンザミドなどが代表的な成分。
軽度から中度の痛みに有効です。比較的即効性があります。
ただ、アスピリンは胃を荒らしてしまう事があるので、胃粘膜を保護する成分と組み合わせている薬が多いです。
アスピリンやエテンザミドは、胃を荒らす心配は少ないです。

 

ピリン系

中枢神経に作用する事から、強い痛みに有効です。
スイッチOTC薬(医療用の薬剤で市販薬にも使用が認められた成分)の一つ。
イソプロピルアンチピリン配合のものがあります。
ピリン系は稀にアレルギーを起こすことがあるので、薬局の薬剤師と相談して使った方がいいです。

 

イブプロフェン系

これもOTC薬の一つです。最大の特徴は即効性です。
痛み物質のプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを鎮めます。
また、解熱・鎮痛作用もありますが、抗炎症作用の方が強くて炎症がある痛みによく効きます。
非ピリン系よりも胃を荒らす心配が少ないです。
ただし、極稀に発疹やかゆみ、ぜんそくなどの副作用を起こす事があります。

自分に合った薬の見つけ方

上の3タイプの頭痛薬の中から、自分の体質や痛みに合った薬を選んで使います。
この時、前に試して効果がなかったものは選ばないようにして下さい。

①薬局・薬店で鎮痛薬・消炎鎮痛剤または解熱鎮痛薬と表示されている薬を買う

②頭痛の前触れや予感があったらすぐに服用する

③-1効果があった → その薬でOKです。
③-2効果が無かった → 別の市販薬を試してみる(薬を変える時は、違う成分の薬を選びます。メーカーが違っても成分が同じであれば効果が変わらない事があるためです)

④3~4種類の市販薬を試してもダメだった… → 専門医に受診します

薬の飲み過ぎに注意!

頭痛持ちの人で問題になるのは、鎮痛薬の飲み過ぎです。
多い人では一日に20錠も飲んでいたり、一ヶ月の内に薬を飲まない日がほとんど無いほど、使い込む人がいます。

実はこれは逆効果になることもあります。
鎮痛薬の飲み過ぎは、薬物乱用頭痛や慢性連日型頭痛発作を招く事があるからです。

市販の鎮痛薬であっても用量を守り、一ヶ月に10日以内の服用が最適です。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ