薬の副作用で片頭痛が悪化!?

私はよく頭痛があるので、薬局で薬を買って飲みますが、
どの位の痛みなら薬を飲んで良いのでしょうか。
副作用の事を考えると飲んではいけないと思いつつ、痛みには勝てず、
ついつい薬に手を出してしまうのですが…

→そんなに心配する必要は無い
市販薬は、商品は沢山あっても成分と用量は限られています。
主な成分は、局方品と呼ばれる古くからあるお薬です。

古くからあるお薬は、副作用などの問題点についても、
新しい薬よりは確立されていると考えて頂いて結構です。

つまり、決めたられた用法、用量を守っている限りかなり安全です。
あなたが服用している量がその範囲内であれば、極端に心配する必要はありません。

そもそも一般の治療薬は、用量はあまり多く設定されていません。
これは効能書を無視して服用する人がいることもあり、
それに対する予防策なのか、薬についての認定機関である厚生省に責任が押し付けられないように
するためなのかは、またはその両方の理由からか分かりませんが、そのように設定されています。

さて、一応それらの薬剤の主だった副作用について述べましょう。
痛み止めな主成分は、アセトアミノフェン、アスピリン、、イブプロフェンなどです。

アセトアミノフェンは眠気、だるさ、などの副作用があります。
アスピリンやイブプロフェンでは眠気、だるさなどの他、胃部不快感、
胃炎などがみられます。
肝障害はいずれもあり得ますが、決められた用量であれば、まず問題になりません。

アスピリンはぜんそくがある人では、言うまでもなくアスピリンを服用してはいけません。
稀なことですが、アスピリンでは子供でライ症候群という病気を引き起こす事がありますので、
海外では子供の頭痛に対しては、アスピリンはあまり使わずに、アセトアミノフェンが推奨されています。

元々胃潰瘍があるとか、肝臓が悪い、あるいは血液の疾患があるような場合などでは、市販薬がおおむね安全であるからといって、
自己判断でそれらの薬を飲んではいけません。

また、副作用とは別に、主作用の低下を起こさないためにも、必要最小限の服用量にして下さい。
市販薬では効く程度であれば、なるべくその薬を長期間、大事に使った方がなんといっても通院しなくて良いだけ楽なのですから

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ