頭痛持ちが車酔いを起こしやすい原因とは??

私は片頭痛もちです。
片頭痛の方は薬でなんとか耐えることができるのですが、それとは別に車酔いをおこしやすいのです。
先日の旅行でバスで酔って友人に迷惑をかけてしまいました。治す方法はないでしょうか?

乗り物酔いと頭痛の関係はよく分かっていない

さて、あなたは車酔いと片頭痛とは別物と考えておられるようですが、実はそうでもないのです。
海外の医学統計結果からみると、片頭痛がある患者さんは、車酔いをおこす頻度がかなり高いことが知られています。
その因果関係については、はっきりしていませんが、多いことだけは事実なのです。

車酔いのことを正式には動揺病といいます。初めて船や車に乗った人はだれでも酔います(乳児では、まだ脳機能が発達していないため酔わない)。
何回も同じ経験をするうちに、からだに感じる揺れを脳が感じとり、揺れた状態でもからだのバランス機構を保つ作用を獲得していくのです。

ひどく揺れる船に乗る船乗りも若いときには酔ったことがあるはずです。
ベテランの船乗りでも、飛行機に乗ると酔うことがあります。

からだに与えられる振動などがいつもとは異なるからなのです。
いつもと異なる振動に耐える能力をもちあわせていないからなのです。
しかし、今まで述べてきたとおりにその内慣れるのです。

慣れるはたらきのことを中枢性蓄積機構と呼ぶ考え方があります。
これは脳組織における、コンピューターでいうソフトウェアのことなのです。

新たに入ってきた情報が蓄積されて、それにより、今後同じような振動かおこったとき対応できるような能力ができあがってくるのです。
片頭痛もちに動揺病が多いとはいうものの、片頭痛は脳細胞を傷めるような病気ではありませんから、脳細胞は正常の人と同じように存在するはずです。

ですから、船乗りがだんだん慣れてくるのと同じように、繰り返し乗り物に乗っていれば、そのうちにだんだん車に酔わなくなることはたしかです。私の思うところでは、片頭痛の患者さんは概して外出したがらない傾向かあります。

その理由は前で述べたとおりですが、結果として乗り物に乗る機会が少ないために、酔いやすいのではないかと思います。
なぜなら、片頭痛でもいつも車に乗っている人は、車酔いを訴えることがほとんどないからです。
片頭痛による吐き気を抑えるときにも使う、ドンペリドンという薬がわりとよく効きますので、その薬を処方してもらって旅行をしたらいかがでしょうか。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ