頭が痛くても異常無しと医者に診断される…

頭痛がなかなか治らないので、いくつかの病院へ行きました。どこへ行っても検査や診察の方法が違います。
話も聞いてくれず、鎮痛薬だけくれたところもありました。
どんな先生にかかったらいちばんよくわかってもらえるでしょうか?

診察は問診が基本になります

前にも述べましたが、片頭痛は検査ではわかりません。
患者さんからの問診(症状を詳しく聞きだすこと)と医師がもっている医学知識を昭らし合わせることによってはじめて正確な診断ができるのです。

これだけ述べればわかっていただけると思いますが、前に紹介したようないろいろな症状について、きちんと問診をする医師を選んでください。
その結果として脳腫瘍などが疑われるときには、CTやMRIの検査を加える場合がでてきますが、問診しないまま検査する医師は除外すべきです。

すべての領域の疾患について詳しく知っている医師はいません。
どんなに優秀な医師でも、とてもそんなに多くの知識を吸収することはできないからです。

しかし、仮に、とくに頭痛についての専門家でなかったとしても、きちんと問診をする医師は、おおむね真面目に医学的対応を心得ているケースが多いのです。

そういう医師なら少なくともいきなり検査をする医師に比べて、患者さんの症状を聞きだす経験が深いけずですから、大きな間違いはしない公算が大きいからなのです。

かなり前のことですが、ある製薬会社の幹部社員が、市場調査の目的で、片頭痛の患者を装って関東のある私鉄沿線の病院、開業医につぎつぎにあらわれ、診察を受けました。

そのうち「片頭痛だ」「片頭痛だと思う」「頭痛は私は詳しくないからきちんとした医師を紹介しましょう」と、いずれにせよ明確な指示をしてくれたのは全体で一〇八-セントに満たなかったそうです。

某有名病院で検査づけにされ、けっきょく鎮痛薬だけ処方されたケースもあります。
少なくとも、片頭痛であるときちんと診断できるかどうかは、その医師の医学知識によりますが、三番目の「きちんとした医師を紹介する」といった回答をした施設は、頭痛に関しては詳しくないけれども、患者さんの信頼に足る医療をおこなっている施設であることが簡単に読み取れます。

結果がどうであれ、なんらかの明確な回答をだしてくれる医師を見つけることが重要であると思います。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ