海外の頭痛薬は日本では処方してもえないの?

私は片頭痛もちです。海外に駐在していたときには、頭痛クリニックで薬の処方瀋を発行してくれたので、それを薬局でもらって服用していました。
日本へ帰ってから同じ薬がないことがわかりました。
なんとかその薬が欲しいのですが入手できないでしょうか?

個人で手に入れるしかありません

海外では頭痛外来(ヘッデエック・クリニック)が充実した国があります。
その上ような国では頭痛の治療がかなり進んでおり、薬もたくさんあります。

ところが日本では、それらの薬の多くが存在しません。
また一部のものは臨床試験(治験)をおこなっており、いずれ厚生省に申請することになるのですが、まったく発売の動きすらないものの方が多いくらいです。

わが国では、日本独白で治験をおこなわないと認可が得られませんし、また、マスコミが治験を悪いイメージで伝えますので、そう簡単に新しい薬はでません。

厚生省も医療費抑制の意味から新薬をなるべく制限するとのうわさも聞こえてきます。
また、製薬メーカーも値段の高い、すなわち採算性のよい薬しか開発しようとしませんから、永久に日本では得られない薬もあります。

どうしても人手したい場合には、直接海外で診察を受ける、個人輸入する、などの方法があります。
薬の個人輸入は患者自身が自らの責任で服用する場合は認められます。

とはいっても薬物の種類・量については海外で診察を受けたあとでないと事実上困難です。

日本では、保険診療ではできませんが、自由診療ならその可能性があります。
医師に処方をしてもらい個人輸入をすれば、法的には可能ですが、海外の薬について知っている医師はきわめて少なく、一部に過ぎません。

日本のように独自の治験をしなくてすむ近隣諸国では、日本より多くの薬が認められていますので入手できますが、輸入が可能な場合とそうでない場合があります。

海外で片頭痛によく用いられる薬の一般名だけ一応紹介しておきます。
メチセルガイド、オルフェナドリン、カフェルゴット坐薬、ジヒドロエルゴミタン注射、スマトリプタン、ケトラック注射、フルオキセチン、セルトラリン、フェネルジンなどです。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ