子供の片頭痛持ちの将来が心配…

七歳の男児ですが、四歳のころから頭痛があります。
朝ときどき吐いて学校を休むのですが、最近はそれが何日も続くことがあります。
将来もっとひどくなるのではないかと心配です。
両親やほかの兄弟には頭痛はないのですが……

普通は徐々に痛みは消えていきます

片頭痛は遺伝的傾向が強いのですが、ご質問の内容からは確実に片頭痛かどうかはわかりませんので、脳腫瘍などがないかどうか、一度きちんとした検査が必要です。
今後のことについて少し気が楽になることを述べてみます。

小児の片頭痛が将来どうなるかという研究は、日本ではまだ、ほとんどおこなわれていません。
しかし、海外ではかなり長期にわたった調査がおこなわれ、その結果から、小児片頭痛のうち約二〇ハーセントは成人するまでに消失してしまうということです。

片頭痛が遺伝的傾向の強い疾患であることはすでに何度も述べましたが、文面からみると、あなたの近親者には片頭痛はなさそうです。
隔世遺伝のこともありますから、それだけで判断はできないのですが、あまり遺伝歴のはっきりしない子供の片頭痛の場合には成人までに
消えてしまう割合が高いです。

残りの約八〇ハーセントは、残念ながらもっと高齢になるまで片頭痛が残る結果になるのですが、仮にそうであったとしても、いまのように何日も続くことはいずれなくなると思われます。
一般に小児期よりはじまった片頭痛は、一○代後半になるといったん軽くなったり、でなくなったりしますが、二〇歳を過ぎてから再びあらわれることは少なくありません。

その場合には、大人の片頭痛として症状がはっきりしてきます。
ですから血管収縮薬などを服用する夕イミングは、かえって合わせやすくなります。

一〇代後半になって、どうして片頭痛が軽くなるのかについては、いまのところわかっていません。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ