温めると頭痛って悪化するの???

いつも梅雨のころから夏にかけて頭痛が強くなります。
とくに真夏の炎天下へでると、確実といってよいほど頭痛が強くなります。
そんなとき少しは症状を軽くする方法はないものでしょうか?

片頭痛の場合だと悪化します

暑い時期や、冬でもうんと暖かい部屋にいると、頭痛がでやすくなります。
片頭痛は頭部の動脈が拡がったときにあらわれる痛みですから、暖かいところでは頭皮の温度も上がり血管が拡がるのです。

頭の皮膚を圧迫したり、冷やしたりするとある程度効果は期待できますが、外出するときにそのようなことはできません。
かといってまったく外出しないなどといったことは日常生活上不可能です。

そのような場合、とくに暑いときや日差しの強いときは、サングラスをかけることをおすすめします。
片頭痛の頭痛発作のとき、明るい光をみると、よけいに頭痛が強くなる感じがすると訴える患者さんは少なくありません。
こういった状態のことを光恐怖症と呼びます。頭痛を強めるのは光だけではありません。

うるさい音や赤ん坊の泣き声などで頭痛が強土ったり(音恐怖症)、いやな臭いやタバコの匂い(愛煙家でも)で強まったりする場合(匂い恐怖症)などがあります。

頭痛がおこったときだけでなく、ふだんから明るい場所でもサングラスをしていると、頭痛もいくらかでにくくなることは、欧米では経験的によく知られています。

海外の医字書には片頭痛の患者さんに対する医師の指導として、サングラスをすすめるように記されています。
日本人は瞳が黒いので、欧米人よりも効果が乏しいと思われますが、患者さんにすすめることがあります。

暑い時期になって頭痛がでやすい人、とくに炎天下などで頭痛をおこしやすい人は、サングラスを使用してみてはいかがでしょうか?

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ