半身麻痺のうえに頭痛が出てしまった

若いころからときどき頭痛がありましたが、一年ほど前にはげしい頭痛とともに左半身に力が入らなくなり入院しました。
頭痛は1~2日でよくなりましたが、左半身に麻ひが残りました。
幸い麻ひは軽く、左手が少し不自由なだけですが、その後も頭痛がでるので心配です。
今後どうしたら防げるでしょうか?

脳梗塞が原因です

前のご質問の片麻ひ型片頭痛によく似た症状ですが、少し違います。
なぜなら片麻ひ型片頭痛は完全に麻ひが治るのに対し、あなたは麻ひが残ってしまっているからです。

このような型は「片頭痛にともなう脳こうそく」と呼ばれています。
片頭痛のなかでただ一つ、脳組織の損傷をおこす頭痛です。

動脈の拡張によって頭痛があらわれているあいだに、他の脳の血管が収縮して、ついには詰まってしまったのです。
詰まった部分より末端の脳は血液から栄養をもらえずに死滅します。
脳こうそくがおこったのです。

いったん死滅した脳細胞はけっして再生されることはありませんから、結果として麻ひが残ってしまったのです。
「片頭痛を伴う脳梗塞」の患者さんは極めて少数です。
ご質問では幸い麻痺の程度が軽かったようですが、もう少し太い血管が詰まってしまったのなら、もっと酷い麻痺になっていたものと思われます。
とくに心配されている点は、今後のことでしょう。

通常の脳こうそくは動脈硬化が原因になっているので、何回も繰り返すことがあります。
ですから、抗凝固薬(血をかたまりにくくする薬)や血管拡張薬などを服用して、再発を可能なかぎり防がなくてはなりません。

ところが片頭痛にともなう脳こうそくでは、再発をおこしにくいのです。
どうしてかはわかりませんが、海外の頭痛に関する医字書には、
この病型で再発をおこしたものはまだ世界で一例も報告されていない、と断言しているほどです。

この片頭痛にともなう脳こうそくでは、ふつうの片頭痛の症状がでます。
ですからあなたも今後しばしば頭痛を経験することはありますが、脳こうそくを再度おこしてしまうことはまずないものと考えておいてください。

ただ、ほんとうに片頭痛にともなう脳こうそくであったのか、単なるふつうの脳こうそくがたまたまいっしょにあらわれたのかは厳密にはわかりません。
まれではありますが三〇代になると脳こうそくがおこりますから、脳こうそくをおこしやすいような背景要因(糖尿病、多血症など)の有無について、一応は検査を受けておかれる方がいいでしょう。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ