頭痛は対処法を間違えると悪化する!?

頭痛といえば、とりあえず頭を冷やしておけば大丈夫という
イメージがありますね。

このポピュラーな手はどのタイプの頭痛にも効果があるのでしょうか?
答えはNOです。
やってはいけないタイプの頭痛があって対処法を間違えると余計に頭が痛くなります。
理由は、頭が痛む原因が頭痛のタイプによって違うためです。

頭痛持ちの大半が、「緊張型頭痛」が「片頭痛」です。
この日本2大頭痛が頭痛人口の約90%を占めています。
だから、あなたがどちらかの頭痛に悩まされているとしたら自分がどのタイプの頭痛であるのかを知らなければなりません。

「緊張型頭痛」と「片頭痛」の違い

緊張型頭痛は、肩こりや首筋の張りなどが原因で血行が悪くなって
頭皮の神経を刺激するために頭に「ギシギシ」とした痛みが走ります。
頭全体が痛くなり、まるで孫悟空の頭の輪で締め付けられているようなイメージです。

片頭痛は頭の中の血管が広がってしまうために、その周囲の神経が刺激されて脈に合わせて「ズキンズキン」とした痛みが走ります。
こめかみ部分の左右どちらかが痛むのが普通ですが、悪化すると両側で痛み出す場合もあります。

つまり、頭痛の原因は
緊張型頭痛 → 肩こり、首の張りはど”筋肉の強張り”
片頭痛   → 頭の中の”血管の拡張”
なわけです。

頭痛のタイプにあった対処法

緊張型頭痛の場合、筋肉が凝り固まってしまうのが頭痛に繋がってしまうため痛みを和らげるにはなるべく筋肉のほぐす必要があります。

頭を冷やすと筋肉が固まってしまうのでNGです。
マッサージやお風呂に入るなどして、筋肉をほぐすと途端に
痛みが引いていくきます。
緊張型頭痛は寒くなる秋から春にかけて酷くなっていきます。

片頭痛の場合、血管が広がらないようにしないといけないので、血行の良くなるマッサージや血管の広がる入浴は逆効果です。

頭は風邪の時に頭にピッタって貼る冷却シートなどで冷やせば痛みは少しは楽になります。
氷水を使ってもいいかもしれませんが、布団がビシャビシャになりますし頭が冷えすぎる事にもなりかねないので私はお勧めしません。

片頭痛には正しい対応が必要

こんな風に、頭痛対策は案外簡単に出来てしまうがために、間違った方法で簡単に悪化してしまうことにもなります。
生兵法は怪我の元です。

これから、色々な頭痛対策を紹介していきますが、これは全部「片頭痛」の対処法です。だから、逆効果になりかねませんので緊張型頭痛の人には・・・ごめんなさい、お役に立てません。

ここのブログは、片頭痛の専門ブログです。
片頭痛の症状や原因、その対処法などの話をしていきます。

片頭痛持ちの人は是非参考にしてみてくださいね^^

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ