低血圧で朝、頭痛とめまいが酷いのですが…

私は血圧が低く、朝起きたあといつも片頭痛をおこします。
めまい感もあります。
午前中を過ぎるとぽちぼちよくなるのですが、どうしたらこの片頭痛を治すことができるでしょうか。
なにかよい方法を教えてください。

血圧が引き起こす頭痛です

あなたの頭痛は片頭痛ではありません。
血圧の低い人におこりがちな低髄液圧性頭痛であると思われます。

低髄液圧性頭痛とは、脳の周囲にある髄液の圧が低いときにあらわれる頭痛です。
健康な人でも熱い風呂に入って急に立ち上がると、低血圧をおこしてめまいがします。
そこでしゃがまずにがまんしてずっと立っていると、ドワーンとした頭痛がでます。

頭痛が強いと軽い拍動感を感じることもあります。
これは髄液圧が下がったときの頭痛なのです。

血圧の低い人は、当然のことながら髄液の圧も低い傾向がありますので、この頭痛をおこしやすくなります。
髄液圧は一日中一定ではありません。

朝起きる前がもっとも高くなっており、起床後は少しずつ低下します。そのために起床後に頭痛が強まります。
しかし、午後になるにしたがってまた伽液川はだんだん上昇してきまりから、午後になると頭痛もよくなってくるのです。

この髄液圧の変動は頭痛の有無とは関係なく、健康な人にもみられる生理的な変動なのです。
このような生理的変動は頭痛に影響しますが、それ以外の外界からの影響もあります。

夏などにたくさん汗をかいたときや、あまり水分をとらずにいたときなどは、体内の水分が少なくなりますから、この頭痛をおこしやすくなるのです。
治療は水分摂取、血圧上昇薬などですが、急速によくしたいときには点滴が有効です。
ベルトを強くしめる、気合を入れる、など血圧を上げる策はいずれも効果があります。

頭痛が強いと拍動感を感じることかあるので、しばしば片頭痛と間違えがちなのですが、
低髄液圧性頭痛では頭痛は必ず左右とも同じくらいの痛みを示します。この点が痛みに左右差のある片頭痛とは異なります。

朝でる頭痛は脳腫瘍の徴候だ、と書いた本を読んだ方もいらっしやると思います。
脳腫瘍では髄液圧が上がるときに頭痛があらわれますから、朝、からだを起こす前に頭痛が強まり、起きると徐々に治まってきます。

このように髄液の生理的変動に対応して比較すると、片頭痛と低髄液圧性頭痛とはまったく逆であることがわかります。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ