【女性】性行為中に激しい頭痛に見舞われる

Q、昨年結婚しました。今年になって性行為中に急にはげしい頭痛がおそってきて、
とても行為を続けることができず、夫を突き放してしまいます。
婦人科に相談したら、精神的な問題だといわれました。
内科では片頭痛ではないかといわれましたが、薬を飲んでも改善しません。どうしたらよいでしょうか?

いくつかの要因があります

A、こんにちは、鈴木です。

これは精神的な問題ではありません。
あなたのように性行為中に突鋏あらわれるはげしい頭痛は、れっきとした頭痛の一つで実際に存在するのです。

おそらく婦人科の先生や一般内科の先生は知らないと思います。
神経内科医でも頭痛の専門家以外はあまり知らないのではないでしょうか。

医学分類で、日本語では「性行為にともなう頭痛」と訳されています。
詳しい原因についてはわかっていませんが、片頭痛の一種と考えられています。

片頭痛にはいろいろなものがあります。重いものを持って力んだときだけでる頭痛、咳をした瞬間にだけでる頭痛、水泳をしたときにでる頭痛など、特定の動作をしたときにだけでる頭痛のことです。

こういったそれぞれの動作中に何かが原因になって頭痛ががあらわれるのかについてはいろいろな説があります。
髄液の圧が高まっているとか、血圧が上がっているとか、血液中のアドレナリンという物質が高まっているなど、いくつかの研究結果かおりますが、いずれも決定的ではありません。

セックス中におこる頭痛については、ほど診察にあたったことがありますが、男性に多い印象を受けます。
しかし海外では性差はないとされていますから、日本では羞恥心のために受診しないで、一人で悩んでいる女性もきっと多いのではないかと思います。

このような患者さんは、長く通院することがありません。
したがってその後どうなったかについてなかなか追跡できないのですが、国の医学研究の報告をみると、数年後には症状がでなく
なるという経過をたどることが多い、と記載されています。

ほかの脳の病気に発展することはありませんが、性行為で血圧が上がったときに小さなくも膜下出血を繰り返した患者さんを診察したことがあります。
この患者さんの症状は一見片頭痛とそっくりでした。
このように別の治療が必要な場合もありますから、ぜひ、専門医を受診してください。

治療としては、各種鎮痛薬や片頭痛と共通の薬物を用いますが、効果はそれぞれの人によってバラバラですから、
薬を変えて様子をみながら試みるしかないと思います。

根本的に治療するにはどうしたらいいの?

頭痛薬を使えば一時的には痛みはとれますが、根本的には解決してはいません。

その場しのぎの対処方法では、間違いなく再発するからです。

副作用もありますし、将来、胎児への影響も心配です。

ですので、次回はこのタイプの頭痛持ちの人が頭痛を解消させる方法をご紹介します。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法

このページの先頭へ