頭痛には頭を冷やすと効果があるの?

片頭痛は頭部の血管が拡張して血管の周囲の神経を引っ張ってしまうためにおきる頭痛です。

血管の拡張を抑える一番簡単な方法は「冷やす」事です。
こめかみや痛む部分以外にも、頸動脈など、心臓にさらに近い部分を冷やすとより効果的だったりします。

血管が収縮して血流量が減るために、ズキンズキンとする痛みが軽くなるわけです。
せっかく収縮させた血管をまた広げてしまわないように、冷やしている間はベットで静かに横になっていた方がいいです。

痛くなってからは勿論ですが、痛くなりそうな予感や前触れを感じた時に冷やすと、痛みを防いだり軽く出来ます。

氷水より冷湿布がおすすめ!

ズキンズキンと痛みが走っている時にはなるべく動きたくないものです。
手軽に頭を冷やせる冷却シートを準備しておけば、いざという時にさっと冷やせて便利です。

冷却シートは冷蔵庫に置いておくといいと思いますが、冷やし過ぎは禁物です。
片頭痛は別に発熱している訳ではありません。

目的は広がりすぎた血管を収縮させる事なので、自分が心地いいと感じるくらいの冷たさがベストです。
頭痛を抑えるために冷たすぎて逆に不快になっては本末転倒ですもんね。

「冷えピタ」や「熱さまシート」みたいな風邪をひいた時に、おでこに貼る発熱対策グッズが便利ですよ。

ちなみに、外出先で困ったときは自動販売機で売られている冷たい缶ジュースをこめかみに押し当てると痛みが引いていきます。

次→ 90%以上の人に効く今すぐ頭痛を治す方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ